2014年12月08日

【アンプ】Blackstar ID:60TVP

ブログの存在を忘れていた訳ではないのだ。ほら、機会ってあるやん?
前がおおよそ半年ですね。
半年の間に機材事情もかなり変わりました。とりあえず足元がデジタル機材しかありません。アンプもデジタルです。
IMG_1073.JPG

そんなデジタル化していく我が機材達の中でも先陣を切ってうちに来たのがこいつです。いつ来たかは忘れたけど半年以内だろ。
丁度半年前には「AC15欲しいよ。ぷー。」って言ってたみたいなんですけど、今や「プロでも無いし防音設備も無いのに、真空管アンプなんか所有しちゃってどうすんの?」って具合です。冷め過ぎだとは思います。
(でも僕も男の子なので、機会が有れば真空管アンプ欲しいです。)

Line6やらMarshallやらFenderやらVOXやら、モデリングのデジタルアンプ作ってるメーカーは大層多いです。割と選択肢は多いと思います。
しかしながら、真空管のモデリングなんてやってて、しかもそれを押し出してるのはここぐらいじゃないんでしょうか。そこに異端な雰囲気を感じてBad cat courgar50と入れ替えで購入。

ここに、どの真空管タイプはどのアンプで使われているか、が書いてるので、それを見ながら音作りしてました。今もしてます。
色んな「らしい」音が出せます。出せますが、勿論”真空管”の音では無いです。当たり前ですが。
VOXやらMACHTLESSの箱鳴り感を出すのは非常に弱い印象(個人的に、箱鳴り感やらのアンプの個性を出すのは、Line6のPOD HDが最強です。同価格帯の話な。)。

しかし、厚みのあるクランチや、ミッドの強いハイゲイン、フェンダーライクなクリーンは得意かなーと、これまで使ってて思いました。
自宅レベルの音量(それでも一軒家なので、割と大き目の音で出しています)なので、スタジオ等で使ったり、他のギターアンプと比べると負ける所もあるかもしれません。

初めて音出したときはノイズゲート(INSIDERというソフトでOFF、弱めON、強めONの三種類で設定可能)の効きが結構強くて、あんまりダイナミクスの差が激しい演奏はできない印象でした。
ゴリゴリガリガリなハイゲインじゃなかったらOFFにしてもあんまりノイズは気にならない気がします。その辺は流石デジタル。

付属の空間系は割と使えるって感じです。
僕は空間系は足元で結構弄るタイプなんで、遊びでたまに使うくらいですが、細かく設定しない人にはいいかもしれません。んで、弄るところ少ないからモジュレーション系は流石にあんまり使わない。
TAP機能も有るよ。付属のフットスイッチを使おう。

エフェクターの乗りは最高です。
EL34のOD1モードを、BOSSのOD-1XとDS-1Xでブーストしつつ、後段のSource audioのSA170(EQ)で補正すると、ストラトでも劈くようなスラッシュメタルができます。
しかし2種類のクリーンモードがあんまりフラットって感じじゃないんで、MS-100BTやら、マルチのアンプシミュの乗りは難しい感じです。ここはもうちょっと色々試してみます。

実はZT ampのLunchboxも最近買って、あんまりこっちは触らなくなってたので使わないのは売るべ〜って思ってたのですが、意外と出来ることが多いのでまだまだ使っていこうかと思います。

宣伝になりますが
こちらの方で、このアンプ使った曲を公開してます。二曲目です。歌は、その、突っ込み無しで。精進します。最近は歌の練習もしてます。ほんとだよ。
マジな話、他の二人の曲の方がかっこいいからそっち聴いとけって。後悔すんぞ!(酷い言い様)

録音方法。
全編通して6V6のCLEAN BLIGHTモードを、OD-1Xでちょっとブーストしてます。
ギターはBacchusのBST-57V(ストラト)一本です。PUは基本的にセンター、カッティング時はリアセンターハーフ。リード音はフロントでDS-1X使ってます。
マイクはSHUREのSM57とRODEのNT3を合わせてます。リード音だけ試しって事でNT3じゃなくてエミュレーターアウトプット使いました。正直失敗したと思ってる。

ベースはB3とU5だけだよ。特筆するところ無し。

そんな感じ!
もっと書きたいことあるアンプだけど、纏めきらないのじゃ。飽きずに使いたいですの。


posted by ちかけ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。