2014年06月22日

【アンプ】Ampeg BA-108

IMG_1046.JPG

最近ベースを(主にトラスロッドが)大破したスティングレイから、YAMAHAのTRBX504に変えました。
弾きやすさは正義です。

で。

ベースアンプ買いましたねん。今日。今。さっき。
ベースアンプメーカーで皆様ご存知、アンペグですね。
元々練習用にベーアン欲しくて、PJBとかRolandとかで安くて評価高いの探してたんですね。(これまではジャズコに繋いでました。)
んで、やっぱ楽器演奏には12インチくらいいるやろーってのと、アンペグ安いし評判いいし・・・って事でBA-112狙ってたんですけど、実際BA-108見てみたら結構ガッシリしてるの。
んでんで、しかも安いの。もう、逆に売る気あるの?ってくらい安い。即購入でした。

操作とか3bandEQとVolだけで迷い様が無いです。ドゥーン!って感じで鳴ります。最高です。ジャズコとは雲泥の差です。当たり前や!

そしてCDin、CDvol、ヘッドフォンアウト、エフェクトSEND、RETURNも有りLine outもある充実ぶり!練習用アンプとしては360°対応って感じですねー。あとアクティブPU用に-15dBのinputもあります。

Line outはDI通したら宅録にも使えるのでしょうかね?今度試してみよう。

しかし、あとちょっとで不要にデカい高いアンプ買っちゃうとこでした。ギタリストだけどベースも弾くで〜・・・でも機能はそんないらんでって人にはドンズバなのではないでしょうかね。ドンズバでした。


posted by ちかけ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。