2014年06月03日

普通日記014

IMG_1024.JPG

ギターのネックを入れ替えてます。
Lシリアル期のスクワイアーストラトのネックを潮スペシャルに付けてみました。
monogramのはローズウッド指板ですが、スクワイアーはメイプル1Pなのです。
ナットが小破してる(三弦側が割れてる)上に、弦のゲージも普段と違うので正確な使い心地は判りませんが、鳴りはmonogramのよりも良い感じ。音の違いにあんまり鋭く無い私ですが、明らかにメイプルの音って感じる程度には変わってます。生音が。
ネックポケットから少しはみ出てるし、ビッッミョ〜〜〜にセンターズレも起きてるけどね。仕方ないね。

・・・弾くの微妙に辛いからやめようかな・・・。

Lシリアルのスクワイアーのネックですが、その昔ジョージ・ハリスンも使ってたとかなんとか?
俗に言うジャパンヴィンテージってやつに該当するやつですかね。
安かった・・・といっても14kくらいで、なんとなく買ったもんですけど、ネックはナットさえ直せば余裕で使えます。てか、値段の割に良いネックだと思います。本物のスカンクストライプ入ってるし・・・これは最近の安いギターには無いという印象ですけど、実際どうなんですかね。

個人的には日本製だとかヴィンテージだとかは、一種のおまじない的なもんだと思ってます。そう思ってたほうが良い音に聴こえる、的な。
ボディの方は鳴りが気持ち悪くて使い物にならんなー、と。調べたらバスウッド材だったようです。バスウッドに良い思い出が無さすぎる。
まぁ、ベースはボディ、ギターはネックと言うし、ネックに金かけたと思っておきます。


posted by ちかけ at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。