2013年06月09日

【エフェクターの話】shun nokina design Redemptionist

気付いたら三ヶ月近く放置してました。
やや、これは拙い、しかし大したネタも無いです。
最近はM3の申し込みに向けてデモ曲作ったり、バンドに精を出したり、「これやって!」と言われた曲をすっぽかしたり、忙しいです。意外と。五月病もばっちりかかりました。過去最大の五月病で凄く死にたかったです。
んで色々忙しい中、思うことも有り禁欲を開始しました。禁煙とか禁エロとか色々。
五月病乗り切って禁欲とか、もう、君は廃人か何かになりたいの?って思います。気分の浮き沈み激しいよー。

はい、んじゃここんところ一番はまってるペダルの紹介でも。

BIRcieVCcAAeQkP.jpg

SNDのREDですね。
すっごく奥深い歪みです。運良く結構かっこいい塗装のを入手できました。
んで、ブティック系にも関わらず有名です。

コントロール等の説明は適当です。
左上・Volume まぁ適度な音量。
右上・GAIN クリーン〜ハイゲインまで。基本ノイズレス。流石にハイゲインくらいにまで上げると若干ノイズは乗る。
左下・treble 高域のキャラの調節。あくまでキャラクターの微調整だと言うことを念頭に。
右下・low-cut treble同様、微調整と考えるべきだが、そっちより有用。

ペダルの歪みの質自体は、暗いという言葉が似合う。やや篭ってるように聞こえると思う。
タッチニュアンス、ギター本体のボリューム追従は噂に違わぬレベルでした。ちょっと恐怖を感じるくらいには凄いですね。
ハイゲインから手元だけで超クリーンに落とし込めるんですよ。他にそんな芸当できるペダルとかあるんですか。意外とあるかもね。ふーん。そ。
この辺の値段の機材全般に言える事ですが、他の機材とのマッチングとか考えるとイイかもですね。
実は一度、直接店頭で試奏した事があるのですが、その時はあまりピンと来なかったのですね。寧ろ使いづらいなーと思ってました。ちょっと篭ってるし、ツマミ下二つは微調整用だし。
まぁ結構安値で見つけたので衝動買いして、うちに来た事になるのですが、その時の使い辛さとか感じませんでした。
何なら手持ちのペダルの中で一番融通が利きます。その分それ相応の技術は求められますけど、使ってて楽しいので良し。
これは僕が好むペダルの傾向として「飽きない」ってのは相当でかいんですが、飽きない分だけ使い方が難しい場合が多いんですね。
このRedemptionistは歪ペダルとしては最難なんじゃないですか?ってくらい使える幅が広いように感じます。
どんな音出しても「もっと良いサウンドが出せる!」って錯覚しちゃいます。感覚的だけど、こいつにハマる人なら何となくわかってもらえると思う。


僕の使い方ですが。GAINを九時から十一時くらいにして、コンプやTONE-BURSTで歪みを少し持ち上げて、クランチ〜オーバードライブとして使用してます。
手元でのボリューム操作も結構するので、瞬時にクリーンにしたりできるのは楽しいですねー。
ハイゲインディストーションには今のところTRICK GAINですが、一ヶ月の禁欲が大成功したらこれまたSNDの9/9+買おうかなと思います。あれも見た目、音と共にかっこいいんですよね。レビューやサンプル動画もあんま見つからないから困った。でも欲しいです。がんばろ。


posted by ちかけ at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。