2012年12月30日

【エフェクターの話】BOSS XT-2 Xtortion

何となく連日更新。
愛されてる割に使えないというか使い方が難しいというか、な、正にジャジャ馬エフェクターでも。
僕は未だにどう扱えば良いのか判りません。そんなのレビューしていいの?
良いの誰も見ていないのだから。

IMG_0751.JPG

眩ッ!!

申し訳ございません。
BOSSの短命No.2の座を悠々と飾るドグサレエフェクターです。
先に言っておきますと、僕はこのエフェクター、結構好きです。どうにかして使おうかと度々考えるくらいには好きです。
ですが、毎度毎度やっぱクソやなと言ってポイします。

この子との思い出ですが、大学三回生だったか二回生だったかの頃に、ちっさいギターショップの存在を先輩に教えてもらい、出向いた先に有ったんですね。8000円くらいでしたね。
んで、その頃の僕はまだまだ全然歪みの善し悪しも判らない子猫ちゃんだったのですが、名前が強そう!!あとBOSSやし大丈夫やろ!!っていうまーた頭の悪い買い方を略
で、話は逸れますが、その時こいつの隣にBOSS DC-2 Dimension Cというスイッチ4つしかない奇天烈コーラスも同じくらいの値段で置いてあったのですが、とりあえず歪みが欲しかったのでXT-2お買い上げ。

んで今になってDC-2がえらく再評価されてるし、俺も色々コーラス探し回った結果DC-2欲しいなと。今更やっぱそっちにすれば良かったと後悔してます。
やっぱこっちじゃなくてこっちを嫁にしておけばよかったと嘆く最低な夫のような略

で、XT-2ですが。
触ったことの有る人ならわかると思いますが、歪みの帯域がどこの層のニーズを求めて作られてるのか判らないんですよね。
敢えて言うならグランジ、シューゲイザー、ガレージロックとか、汚い系の音万歳なジャンルか。
メタルにも使えそうなイメージですが、ちょっとどうでしょうかね。同じ価格帯でもこれより良いモンあるからもうちょっと探しなよ!!ってなりますかね。

ツマミですが、歪みの可変域が意外と広いのが面白いです。
んでXT-2最大の個性にして難点「PUNCH」「CONTOUR」の二つのツマミ・・・。
PUNCHは上げるにつれ、「ワウの半踏みサウンド」になります。
CONTOURは最小で「影が薄いサウンド」、真ん中前後でMID付近を彷徨うようなTONEになり、最大で「これまた影が薄いながらも、音に芯を入れた よ う な サウンド」になります。
この2つ、説明書読んでも意味判んないんですよね、こんな語彙が世紀末な文章になりましたが、試奏したら「ああ・・・なるほど・・・」ってなると思います・・・。
おそらくは2つとも、ミドルの帯域を変な幅で操作してるんだと思いますけどね。効きが個性的過ぎる。
まぁそこの効きが個性的だからこそ、この歪みにしか出せない音は有るかと。好みにヒットするかは全く別問題ですけど。

基本的なキャラクターは、中高域キツめの歪みで、操作次第ではまぁ、良くもなります。
悪い使い方をすると泥を掻き混ぜてるような愚図愚図の歪みになりますがね。
個人的にシングルPUでギラギラした音作る方が好みでした。無駄にコードの分離感が悪くないのも面白い。
サステインとかそんな気の利いたもん無いけどな。

今現在は使うつもりは毛頭もございませんが、将来シューゲイザー系のバンド組んだ場合、大袈裟なペダルシステム作る時に「汚い音枠」に入れようかなと思います。


posted by ちかけ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

【エフェクターの話】LOVE KRAFT MojoDrive

コンテンツの所に使用機材を書いてみました。
恥ずかしくなったら消します。どうしてそんな事言うの。
ケーブルに関しては「モンスターこそ正義」と己に(無理矢理)言い聞かせておりましたが、最近やっぱ音色の味付け濃いのはどうなの?ってなってきててうわああやめろ俺を惑わすな!

Free the toneとかジョージエルスみたいなソルダーレスも良いですねー。楽そう。そんな感じ。

で、エフェクターです。
IMG_0749.JPG
見た目が最高!!
LOVE KRAFTのMojoDriveです。

ちょい前にヤフオクで「オーバードライブ何買おう・・・」と日夜目を血走らせながら漁ってたのですが、そんな時に見つけたコレ。
メーカー名が僕の漆黒の堕天使が十字架で危ないみたいな心を、見た目がもう何かとりあえず僕の心をガッチリ掴んでしまいました。
色々調べてみるとLandgraffのDynamic Over Drive系だそうで。
これまた色々探して、同系統且つ評価の高い、CMAT MODSのSignaDriveとどっちにしよう?と悩んだ末、「やっぱこれにしよ!」って某国内のハンドメイドエフェクターメーカーのオーバードライブにしようと注文するが、何を間違えたか返信が来ず、Signaの事をすっかり忘れてふてくされながらこいつを落札しました。
最初に見かけたのは六月くらいだった気がしましたが、落札は九月・・・人気が無いのかしら・・・。どうしてそんなこと言うんですか。
そんな思い出。Signa Driveもいつか触ってみたいですね。

さて、元になったLandgraffのDODですが、機会が有ったので試奏した事があります。所持はしてませんっていうか小生、あんなタケーもん買う程の人じゃないので。

先に比較した感想を申しますと、DODの方が若干元気な感じの音だったと思います。
自分の機材で弾いた訳じゃないので曖昧ですが、弾いてる時のテンションの高さはDODの方が上でした。なんだこれわかりにくいな。
でも大した差は無かったかな?そんくらいの精度なのかも。
DODもいずれは欲しいので、手に入れたらまた。

MojoDriveですが。
なんか、これぞギターの音や!!って音がします。
PUによるキャラクターの変化が物凄いですね。ハムバッカーの音、シングルの音ってのをモロに押し出します。
ツマミは左からvolume、tone、gainで、Toneは癖が有り、Gainは11段階でカチカチするやつです正式名称忘れた。
DODと同じように、基本篭ったサウンドですー。多分これも初心者とかには扱えない歪みですね。そんなんばっかしか持ってない訳じゃないですよ。
3時くらいにすると結構明瞭になるけど、使うアンプによっては12時くらいでも良いかな。

歪みに3モードあって、上からEdge Crunch、More Loud Boost、Vintage TSだそうで。
どれも使える音ですが、真ん中はリード向けかなーと思います。コンプレッションが強いので、ゲイン上げるとグチャっとしますね。
僕は上のEdge Crunchだけ使ってます。キャラ的には三つの内の中間なのですが、リズム、リードのどちらにも対応できるので。
歪みを9時前後にして、シングルPUでジャカジャカやると気持ちいいです。

他に3モード有る歪みといえば、SuhrのRiotが近年のベストヒット賞かと思いますが、あれ程個性主張した感じじゃ無いですねー。ナチュラルっていうのかな。
硬いか柔らかいかでいうと、柔らかい音に入ると思う。Riotは音硬いですしね。いや、Riot好きですよ。今はいらないけど。

凄く優秀なオーバードライブだと思います。
日本ではヤフオクでたまに見つけるか、ハイブリッドギターズさんでしか見かけませんが・・・。
因みにこいつ、ケースが2種類あって、普通のペダルのサイズと、ちょっと大きいサイズがあります。
厳密にはそのケースの違いも音の違いに影響するらしいですが、僕は大雑把なので知ったこっちゃないですけどもう一個買っても良いかもと思っています。危ない。

LOVE KRAFTはこれ以外にディストーションの「chupacabra」、クリーンブースターの「pusher」がありますが、日本にはMojoDriveしか入ってないですねー・・・。
Landgraff欲しいけど高いよ!な方々はとりあえず探し回れば良いんじゃないかな。値段三分の一くらいだし。

おまけ。
IMG_0750.JPG
posted by ちかけ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

【エフェクターの話】VOX satchurator

僕です。
裏でこそこそ何かやってますが、大した事では無いです。
バンド加入したり、別のバンドのサポートしたりしてます。ライブはまだしてません。
曲作ったりしてますが、肝心の自分の曲は、まだ色々固まってないので当分先かなぁ、と。
んで、あさき氏の天庭があと一ヶ月で発売されますね。

奇しくもっていうか、僕のサークル名は普通に氏の「天庭 おとこのこ編」が余りにもかっこよすぎたから、そっから拝借したのですが、まさか2ndアルバムのタイトルになるとは思ってませんでしたね。
まぁ2nd出るよ!っつって一年経ってた訳ですが。去年の今頃は「ちょっと遅い誕生日プレゼントや!YAAAHAAAA!」って言ってたんですけどね。ほんとに一年延期するとは。

何はともあれ楽しみです。さて本題。

ここんところ、機材を毎月一つ以上は買っていたのです。
んで、家で弄ったりスタジオで鳴らしたりしてましたが、なんか勿体無いなーと。
どうせ誰も見てないのだから、たまに迷い込んでくる人に「見て!僕の機材見て!」って押しかけたい感じです。うぜー。
コレクション的な集め方する程お金に余裕無いんで、ネタはすぐ尽きそうですけどね。そもそもTAB譜と同じ様に飽きそうですね。あー言っちゃった。
気に食わなかったら下手糞の妄言だと思って良いです。

前フリ長いです。さて、我がVOX satchuratorさんです。
IMG_0744.JPG
汚ッ
このsatchuratorさん、僕が大学入って間もない頃(ギターもちゃんと始めて一年くらいで、オーバードライブとディストーションの違いも判らないふぁっきんボーイでした)、京都の楽器屋を友達と一緒に行った時に、
「やべ!サトリアーニ先生のシグネイチャーやから多分イイはずや!」っていう、滅茶苦茶頭悪い感じの買い方したやつです。
奇しくも(二回目)satchuratorさんが「新発売」とまだ言われてた頃ですね。僕が初めて買ったちゃんとしたエフェクターですね。思い出が詰まってますね。めっちゃボロいけど。

サトリアーニ先生はBOSSのDS-1が大変お好きな様で、この子もその血を受け継いだ、荒い、クラシックな歪み方をするディストーションペダルです。
まぁ僕DS-1持ってないんですけど。MXR のDistotion+持ってますが、そんな感じの音です。
発売から五年くらい経ってるのかな?当時はコスパがやべぇ!すげぇ!って騒がれてたらしいってか、satchuratorでググったら幾らでもそういうの出ますね。

何で今更?って感じの機材ですが、実は今年の半ばくらいにようやく「これ!ええ音や!」っていうのが出せたにも関わらず、別のペダルにウツツを抜かしたりしながらも、今月になって「やっぱ・・・お前だよ・・・」ってなってメインの歪みと相成りました。来月pedalogicから出るMOD買いますけど。
もうDVした挙句に女引っ掛けて蒸発する男みたいですね。最低ですね。

ツマミについてですが。
どれも効き方がきついです。
特にTONEは油断するとすぐ篭ったり薄っぺらくなったりします。
ここが、このペダルで音作る上で一番の鬼門に、且つ決め手になるのではないでしょうか?
僕は「ギターは元々ローファイな楽器だよ」という言葉をどっかで聞いて以来、9時〜11時くらいを目安にセッティングしています。アンプによっては結構上げ目にも。

GAINは0にしても結構歪みます。シングルPUだと使えますが、ハムPUだとグズグズになる印象。
逆に数値を上げると、ハムPUだと活きるかと。ここは使うギターと好みの問題じゃないですかね。
上げすぎるとノイズが出ます。12時くらいからどんだけ上げても音が余り変わらなくなるので気をつけて。
僕は後述のMOREスイッチを多用するので0〜9時くらいにしてます。

VOLUMEは、音量が低い!!
最大にしてようやく原音と同じくらいなので、デフォで最大にしてます。
結構クリーンと使い分ける事が多いので、ここが一番困るかな・・・。
常にONの人は結構有用性あると思いますけどね。どうやろなー。
VOXのノブの特徴として、各種足の指で簡単にいじれます。ライブ中でも簡単操作で友達が増えるよやったねたえちゃおいやめr

PADスイッチ。
これに関しては、どっかで見ましたがメーカーさんですら説明ができないそうですね。
ワウの過大入力を防ぐそうで、試した人も多数いる割に、口を揃えて「わからん・・・」だそうです。
実は僕も判りません。ていうかワウ持ってないです・・・。
可哀想に・・・。

MOREスイッチ。
これ無かったらsatchuratorは価値がないです。
いや、個人的にだけどね?
でもそれくらい、このエフェクターの個性を象徴しているスイッチかと。
大概の2ch歪みペダルは、ここがboostになっていて、踏んだら音量も上がっちゃうんですが、こいつは違います。踏んだら歪みの量だけが上がります。
どんくらい上がるかというと、GAINが0の状態から、一気に最大くらいまで上がります。
これによってイントロでザクザクリフ→Aメロでやや歪んだしょんぼりアルペジオ、が可能になります。
ギターソロも、PUをフロントにしてしまえば良い具合になりますます。
んで、こいつは独立chでは無いので、エフェクターをOFFにしてMOREをONにしても音の変化は有りません。
ザクザクリフ→クリィィィィん!!なアルペジオが以下略
僕の中では最高のスイッチなんですが、難点としては、ノイズが・・・。
元々のGAIN上げた状態でMOREしようものなら、すぐハウります。

肝心のサウンド!
音色の傾向は上記の通り、クラシックな荒々しいディストーションです。
結構MID削られますが、そこの補正が利くなら、コスパはかなり良いかと。
ボリュームのニュアンスに強いとも言われてますが、まぁディストーションに相応なんじゃないでしょうか。
んで、使うアンプを選ぶ印象も有りますね。
PODのアンプシミュでも、実機でもマーシャルだと色付けも何もかも最高でしたが、実機の5150だとすげぇゴツい音になって色気も糞もなかったです。
JCにはクリーンブースター等、音圧の底上げが必須かと。イコライジングで何とかなるとも思いますが、上手く無い人だとロクでもない音になります。僕はなってました。シャーシャー!
EP boosterで補正すると、JCでも凄い使える音になります。オススメ。


長々となりましたが、総評としては「ほんとの初心者には酷く扱い辛いペダル」かと。
大体、僕もちょっと前まで「糞や!!」って言ってました。使い辛すぎて。下手糞な癖にな。
ツマミの効きもキツイし、歪の量も結構多いし。
ですが、上手くハマればどこにでも使えるんじゃないかと思います。どのペダルにも言える事だけどね。
サトリアーニ先生も実際に使ってる訳ですし。現実に世界的なプロが使ってるというのは、俺も頑張ればこんな音が・・・?っていう気持ちの向上にも繋がるんじゃないかなーとか。

正直、機材の整理してた時に後輩にあげるか売るかしようかと思ってたんですが、大学入って初のエフェクターだったし、何より汚すぎて売るのも忍ばれたので・・・。
元々悪い機材では無いので、弄り続けてりゃピッタリハマる事もあるもんですね。
それでもノイズとか若干の音痩せが気になるので、MOD品買いますけど。無情。

次はもうちょいスマートな文章にしたいね。

オマケ。
IMG_0745.JPG
シリアル。
すげー人気商品だったそうなので、結構若い方かと思います。自慢にならん。
posted by ちかけ at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。